FC2ブログ

タラコ日記2 ~花盛りの寮内~


なにやらリアル世界では「FF12」と「ハッピーショップライフ」が同時発売したらしく、このブログも管理人がその両方にはまっちゃってさあ大変!
日々更新をサボって、FF世界とシム世界で遊びまくりの毎日です♪
まあ、そっちのたわごとなどは管理人の日記にてたらたら綴ってもらうとして、しばらく中断していたわたくしタラコのキャンパス日記もそろそろ再開といきますかー。

以前の展開などさらっと忘れちゃった方は、過去ログ などを読み返しつつ、まったりとお付き合い頂ければ幸いです☆




さてさて、無事に進級もできたわたしたちは今日も元気です。
すっかり大学生活にも馴染み、毎日がとっても充実♪


楽しい寮生活


カステロフ寮もすっかり我が家同然になっちゃって、女の子たちも寝巻き姿のまんま寮内をうろうろしている始末。
うふ、男子たちにはちょっと目の毒かしら♪
女の子には恥じらいも必要だってわかってるけどね、ほんと居心地いいのですよ、この寮は。

ま、あたしが寮長で頑張ってるんだから、当たり前といえば当たり前。
寮長だからって面倒な仕事も多いけど、みんなが気持ち良く寮生活を楽しんでくれるなら、苦労の甲斐もあるってものです。


お掃除


と言いつつも、あたしも本当は可愛いネグリジェとか着たかったな~。
だけど、ネグリジェ姿でこんなモップ拭きとかできないしね。
いいのよ、どうせあたしはこのダサいジャージが寝巻きでさっ☆



まあ、あたしが色気ないのは置いといて、と。
実は、最近の寮内がそれとな~く華やいでます。

年頃の男と女がひとつ屋根の下で暮らしているんだもん。
これはある意味、当然の流れともいえるのかしら?

寮内でちらほらカップル成立の兆しが……。




まず、子供みたいにいつもじゃれ合っていたエルちゃんとプリンス。
枕たたきしたり、くすぐり合ったり、子供のじゃれ合いだとばかり思っていた二人がいつの間にかにお似合いの二人に。


お姫様だっこ♪


いや、実際微笑ましいのよ、この二人。
ステディな仲になったらしい今でも、以前と変わらず子犬みたいにじゃれ合ってます。
素直で純なエルちゃんには、プリンスみたいなおっとりボンボン型の男の子が合うんでしょうね。



そして、またこの二人。

ギンガとハイリー


遠い街からいきなりこの寮に入って、知らない人だらけで自分の殻にこもりがちだったハイリーちゃんと、そのハイリーちゃんに何くれとなく声をかけてあげてたギンガ。
ギンガが親切に面倒見てたおかげで、彼女もこの寮に馴染んでくれたのよね~。
そんな流れで、今はこんなふうにラブラブになっちゃったわけだけど……。

でも、あたし、前に寮の前でギンガが メイド服を着た妖艶な美女 といちゃついてるとこ見かけたことあるのよね。
てっきり、あの美女がギンガの恋人なのかなと思ってたんだけど、違ったのかしら?

まあ、女たらしの異名を持つギンガのことだから、他にオンナがいたところで今さら驚かないけどさ。



その他にも、ソラは大学の教授と彼氏の二股を続けているし、地味な王子もどうやら仲良くしているオンナがいる模様。
いや~、青春と言いますかなんと言いますか、みんな色気づいちゃって寮内もハートが飛びまくりそうな勢いですよ。







ん?


「で、おまえはあぶれ者か?」ですってえ?

失礼な!
あたしだって、あたしだって、それなりに浮いた話くらいあるわよ!



……とはいえ、全然気づかなかったんだけどね。
だって、よく話しかけてくるかと思えば。

タラコとクロード


こ~んなふうに、意味なく距離置いてみたり。
寮長の仕事、手伝ってくれるのはいいんだけど、いつの間にか仕事がお留守になってあたしの顔ばかり見ていたり。
それに、大学で女の子たちにモテモテなくせに、全然彼女とかいないっぽい……どころか、作る気もないらしいし。



「なんか変な奴~」と思ってたんだけど、ある日突然……ほんとに突然、告白されちゃった☆


「タッ、タラコちゃん、好きだ! 付き合ってくくくください!」


うはっ、キターーーーーヽ(´▽`)ノ


告白


いきなりクロードからの愛の告白ですよ♪
思いもかけない告白だったけど、正直言うとあたしその言葉を聞けてうれしかったの。

寮長の仕事を、自分が副寮長になってまで手伝ってくれたクロード。
もしかしたら、あのときからあたしはこうなることを予感してた気がする。

「あたしも好きよ、クロード」

こう言うと、クロードの顔がぱあっと明るくなって。




うふふ。

承諾のキス


あたしとクロードは、ちょっと照れくさいキスをしたのでした☆

あー、キスしてみてしみじみ実感しちゃった。
あたし、クロードのことがけっこう好きだったんだって。
自分でもあまり自覚してなかったってところが笑えちゃうんだけれど。

クロードのほうは、寮に入った最初からあたしのことが気になってたんだって。
あはは、それで副寮長にも志願してくれたのね、ありがとう♪




というわけで、あたしタラコとクロードは正式にお付き合いすることになりました!

とはいえ、不思議な気分です。
だってね、初恋の人がクラウスさんで、その恋はまるで相手にされなかったけど、そのクラウスさんの弟であるクロードと、今こうやって寄り添えるときがくるなんて。


仲良し


ほんと不思議。
でも、何が起こるのかわからない。
人生ってこういうものなのかもしれないわね。




そうそう。
ゾンビハイツのママからは、跡継ぎの男の子を引き取ったって連絡があったことだし、あたしも新しい人生のスタートを踏み出すときがきたのかな。
クロードと一緒ならそれも楽しそうだと思う今日この頃です♪


Secret