FC2ブログ
2006.01.23 D3:初産

さて、各ファミリーの子供たちの進学準備も整ったということで。




フィオナが出産間近だったデメント家ですヽ(´ー`)ノ

クラウスを自宅に呼んだと同時に陣痛に見舞われたフィオナ。

いよいよ?

フィオナ「うおぉぉぉぉぉ~~~~~~っ」

すんごい声を出して、痛みに耐えます。
やってきたクラウスはその様子にぶったまげ、何をすればよいのかもわからず、ただおろおろするばかり……。
男って、ほんっとこういうとき役に立ちません。

しかし、ここは母の強さ。
ダニエラさんの助けもあり、なんとか無事に赤ちゃんを出産したフィオナです。


女の子誕生


赤ちゃんは女の子でした!

喜ぶフィオナとダニエラ。

しかし……。





クラウスの姿が見当たりません。


あら?
赤ちゃんが生まれたら、すぐに抱っこさせてあげようと思ったのに~。
どうもクラウス、初めて立ち会った出産シーンが衝撃だったらしく、赤子の出産を見届けるなりそのまま帰ってしまいました。
くぅぅぅ~。
つくづく男はヘタレですね……。

仕方ないので、赤ちゃんの名前はフィオナ自らが命名。
ベロニカと名づけたのでした。



なんかすっかりダニエラさんが喜んでしまって、生まれたての赤ちゃんをさっそくあやします。

いないいないばぁ~

ダニエラ「ベロニカちゃん、いないいないばぁ~でちゅよー」


なんて、えらく積極的ですが……。





ダニエラさん……。

ばあ?



あなたのその顔、怖いです……。


ベロニカちゃんがこの三白眼に怯えなけりゃいいんですが……。



安産


ともかく、無事に出産を終えたフィオナ。
クラウスとの愛の結晶であるこの娘が、今の彼女の一番の宝になりました。
大事に大事に育てていきましょう。

と同時に。
今までのひ弱だった自分から卒業し、強くやさしい母になろうと決意するフィオナです。


愚痴ります

フィオナ「でも、子供も抱かずに帰るなんて、ちょっとひどいわよね?」

ダニエラ「初めて出産シーン見たんだろ、勘弁してやりなよ」

クラウスのことを愚痴るフィオナと、そのクラウスを弁護してやるダニエラさん。
フィオナは納得いかないようでしたが、ダニエラさんとしてはなんとなくあのとき逃げ帰ったクラウスの気持ちもわかるような気がするのです。


抱っこ

フィオナ「パパに抱っこしてもらいたかったよねー、ベロニカちゃん♪」

今度は娘相手に愚痴るフィオナ。

とはいえ、こんなことでもちょっとうれしい気分。
今まではクラウスの来訪を待って寂しい日々を送っていましたが、これからはフィオナのそばにはベロニカがいてくれるのです。
この子がいてくれれば、もう寂しくはありません。
愛娘が生きる支えになってくれます。






そして。

あれほど、ガキの面倒を見るのは嫌だとぶつぶつ言っていたこの方。

遊ぶ

ダニエラ「ほぉ~ら、ベロニカちゃん。高い高い♪」


ふっふっふっ……( ̄ー ̄)
すっかり赤子の罠にはまってしまったようですね。


子供がこんなに可愛かったなんて!


そんなことを呟いて、ベロニカちゃんの可愛さにどっぷり萌え~♪な状態です。





もちろん、日々の育児も積極的に手伝います。

ミルク


なんかこうやって見ると、ミルクをあげているダニエラさんの微笑みがとってもやさしいですね。
こんな笑顔もできたのかと、ちょっと目からウロコです☆





そんなダニエラさんのベロニカ☆ラブな様子を見て、逢瀬の合間にギンガがぽつり。

提案

ギンガ「お姉さま、子供がご所望なら、ボクが仕込んで差し上げますが…」

ダニエラ「あははは、ガキがナマ言うんじゃないよ」


軽くいなされちゃいましたぁ……(*´Д`)







とにかく。
すっかり母性に目覚めてしまったらしいダニエラさん。

愛しい子


育児に勤しむ姿もサマになっていますが。







でもやっぱり、その顔ちょっとコワイ。

Secret