FC2ブログ

前回まであのあらすじ。

なごやかに始まったエルたんの誕生パーティ。
ストライフ家の親族一同が大集合し、美しく成長したエルたんを祝ったところでしたが……。







案の定……。



あの方たちが……。



揉め始めました……orz

勃発?


今や、ガッツリ敵対関係にあるクラウスとスペ子です。
てゆーか、いつもケンカをふっかけるのはどうやらスペ子のほうらしいのですが。


何もこんなときにまで、

ビンタっ


ビンタ、かまさなくても……。


ここでも、幼いクロードがこの二人の諍いを不思議そうに眺めています。
子供は、大人のケンカを見ているのが好きみたいですねぇ。
いつぞやはゾンビローも見てたし。
……うむ、見る分にはおもしろいのかもしんない。


けど、他の人たちは痴話ゲンカなんかには興味はなさげ。

まわりは無関心?


クラウスとスペ子のケンカをよそに、各々勝手にパーティを楽しんでいます。
こういうとき、仲裁役のシムとかいたらいいのにね。
けっこう見物はしても、ケンカは止めない薄情なシムたちです。


まあ、これ以上クラウスとスペ子のいざこざでパーティを台無しにされてもつまらないので、ここいらで神の手発動
スペ子には可哀相だけど、お引取り願うことにしました。
まあ、厳密に言えばスペ子はストライフ家の血縁とはいえないので、いなくなったところで一族集合には変わりありません。

なので、全然無問題&ノープロブレム。
すべては丸く収まります。  ほんとか?!




というわけで。
スペ子がご帰宅して、とりあえずの平和を取り戻したストライフ家。
息子クラウスの苦労を察して、父が一言。

父と息子

クラウド「おまえには女難の相があるな…」

女難、か……。
たとえ、そうかもしれなくても、女遊びだけはやめられないクラウス。
女に殴られようが、罵倒されようが、それでも女の尻を追わずにおれないクラウス。

いつか、女に刺されて死にそうな、……そんな典型的なドンファンであります。






そんなふうに、父と息子が女難について語り合う一方で。

こちらは、若いエルたんとソラが仲良くおしゃべりの真っ最中。

エルとソラ

エル「あはは、ボーイフレンドなんて、まだまだ~」

ソラ「でもエルちゃん可愛いから、すぐ男の子寄ってきそう~」


すでにターさんというステディな彼氏のいるソラ。
ボーイフレンドがいると、毎日がどんなに楽しいのかを切々と語っております。


ソラ「今度友達紹介するよ。顔は悪いけど、気のいい奴知ってる」

エル「え? い、いいわよ。自分で探すから」

余計な親切

ソラ「遠慮しないで、エルちゃん。あなたと私の仲じゃない」

エル「いいんだってば! ほっといて」


はわわ……。
子供からティーンに成長したばかりのお子ちゃまなエルにとっては、ソラの申し出はまだちょっと早かった?
ボーイフレンドより、学校の女友達と遊んでいるほうがまだまだ楽しいエルたんです。


そうして、ソラの余計な親切と、それをにべもなく断ったエルたんの間には、

マイナスー


揃って、友好度マイナスが点灯……。

ま、まあ、仲良くやってくださいよ。
せっかく年の近い親戚ですし、この先の大学でも一緒に学ぶ予定ですから。


お料理ちぅ

エル「余計なお世話だっつーの。彼氏くらい自分で探すわ」

ざくざくキャベツを切りながら呟くエルたん…。

まぁ、エルたんのことですから、自力でステキな彼氏をゲットすることでしょう。
ソラに紹介されなくてよかったよ。
またターさんみたいな金属っぽいの連れてこられても困るしね……。

これから先のエルたんの恋も、なにげに楽しみになってまいりました♪




そして、なごやかに盛り上がるパーティ。

一族団欒


家族みんなで、楽しく笑い合っているっていいですね。
ゾンビハイツにも早く平和がほすぃ……。


ん?
ふと気づきました。
さっきからギンガの姿が見えないようです。
いったい、どこに隠れちゃってるんでしょう。



と、思ったら。
二階にいましたよ、ギンガの奴。

ビリヤード


一人でビリヤード遊びの真っ最中。

相変わらず、協調性のないギンガです。
アンタ、コンラッドじいちゃんが死んだときもどこか別の場所で遊んでたよね?
家族みんなで楽しむとか悲しむとかいう場面に限って、どっかでふらふら単独行動してるんだから…。
ほんと、協調性なさすぎ。ぶつぶつ……。


まくら叩き道入門?


ちったぁ、コイツらを見習いなさいよッ。







父、舞う


ぶーん、と舞う父クラウド。
笑う、息子クラウス。

家族の明るい笑い声が響きます。


エルの呟き

エル「パパ、すごい楽しそう。あんなにはしゃぐパパ見るの初めて」

息子や娘、孫たちに囲まれて、今日のクラウドはいつになく楽しそうでした。
そんな父の姿に、娘エルもうれしい気持ちを隠せません。

それだけに……。
実は、ちょっと心配な気持ちもあるのです。
この先、エルとクロードが大学進学のために家を出てしまったら…。
父と母は、この広い家に二人きりになってしまいます。

さびしがり屋の父……。
エルたんはエルたんなりに、いずれ訪れるであろうそのときのことが心配でした。





やがて、楽しかったパーティも終わりを告げ…。

お客も帰って、静けさを取り戻したストライフ家です。
クラウドははしゃぎ疲れたのか早々に就寝し、残った家族でまったりと今日のパーティの余韻に浸ります。

宴のあと

エル「パーティ、楽しかったね~、クロード」

クロード「うん♪ パパが一番喜んでたみたいだよね」


そうです。
今回の一族集合を一番喜んでくれていたのは、プレイヤーであるねこまるではなく、どうやらクラウドのようでした。

子供たちや孫たちに囲まれて、あのクールなクラウドが本当にうれしそうでした。
エルたんの誕生パーティにかこつけた催しだったけど、クラウドの心にはヒットしたようですね。
パーティも大成功だったし、エルたんも可愛く育ったし、ステキなパーティになったかも♪
また機会がありましたら、こういうパーティも開いてみたいですね。
ねこまるの野望はまだまだ尽きませんw



というわけで。
今回のパーティは大成功、ということで。
ストライフ家の皆さん、おつかれさまでした~☆




Secret