FC2ブログ

ぴっかぴっかの新ゾンビハイツです。

新ゾンビハイツ


姐御の稼ぎと、子分たちの血と汗と涙の結晶で建てた、シンプルな二階建てハイツ。
内部は前回ご紹介しましたね。
今回は、そのお引越しを今日に迎えて、出来立てほやほやのハイツにゾンビたちがやってきたところから始まります。

懲りない二人


例によって、なにやらまた揉めてそうな旦那とイガグリ。
こいつらほんとに懲りないですね。
新居への引越し第一日目からコレですもん。
色事をネタに、イガグリにからかわれている旦那の顔が笑えます。

後ろでは、馬鹿二人の相変わらずの仲の悪さに、呆れ気味なつた子ときのこ。
この調子で、家に入らないまま外でわいわい騒いでいたら、引越し挨拶の隣人たちがやってきたようです。

引越し挨拶の客


…って、またアンタたちかい!

先日のゾンビハイツ最後の日、火事を尻目に外で取っ組み合いのケンカをしていた色白エルフと赤毛お下げが揃ってまたきてます。

アンタら、仲良いのか悪いのか、はっきりしなさい!

そうツッコミ入れる間もなく、色白エルフに泣かされる赤毛お下げ…。

赤毛よ、その肌のタトゥーはお飾りですか?
色白エルフにやられっぱなしじゃないですか。もっと気合入れんかい!!


……とまあ、外で騒いでいても何なので、そろそろ部屋に入ることに。

引越し団欒


ハッ?! いつの間にか、客増えてるし。(,,゚Д゚)

もともと人数の多いハイツに、客が4人もきたら、もはやパーティですな。
もうすでに何が何やらわからん状態ですが、

なんだかとっても、賑やかじゃないですか?

わいわいニギヤカ


和気あいあいと談笑する、ゾンビと隣人さん。

皆さん、とっても楽しそう…(*´Д`)

どうやら、隣人さんたちにも受け入れてもらえたようですね。
ゾンビだからってのけ者にされるような町じゃなくてよかった、よかった。



やがて、隣人さんが帰るのと入れ替わるように、ゾンビハイツを訪ねてきた人物が。

クラウス訪問


クラウスです。

ゾンビハイツが無事落成と聞いて、駆けつけてきました。
一応、このハイツの創設者でもありますし、初日くらいは顔を出しておかないとね。
しかも、今回の新築資金、すべてゾンビたちの自前 ということで、クラウスいたく感激していたのであります。 ←請求書回されるかと危惧してたw

感激ついでに、今回の訪問は手ぶらなんかじゃありません。


ちゃんとお祝いの品持参ですよ!


立派に自立したゾンビたちと、その新しい住まいを祝って、クラウドが念入りに選んだ祝いの贈り物を持ってやってきたのです。

では、祝いの品、ご披露~♪

絵画


…………。

……えーと。

クラウドいわく、この品は、

「作者不詳ではあるが、その道のマニアからは幻の名画と絶賛されている、ルネッサンスを代表する名画『長靴をはいた猫』」

とのこと。

ゾンビハイツの面々は、わかったような……わからないような、神妙な顔つきでクラウスの説明に聞き入ります。
そして、このありがたい名画を、一階寝室に飾ることに決定。

さっそく飾った絵を眺めながら、姐御が呟きます。

名画ねぇ…

姐御「どこが長靴はいてるのよ、この猫?しかもルネッサンス?

どう見たってタイトルと違うだろ~、とツッコミたい気持ちを抑える姐御。
どうせくれるなら、ピンクフラミンゴのネオン飾りのほうがよかった…などと、こっそり思ってみたり。

メイド復活


ゾンビたちも、わらわらと絵を見に寝室へ。
その中につた子の姿を見つけ、さっそくゴマをすり始めるクラウス。

クラウス「つた子さん、ご機嫌いかが?」

あ!!

画像左手、なにげにメイドが写っていますね。男メイドだけど。
前ハイツでは、いつの間にかこなくなっていたメイドさん。
新居ではちゃんときてくれました!

おお~、心配だったので、ちょっとほっとしましたよ。
これで、消防士や警察官もきてくれる……はず。

な~んて、メイドの姿に喜んでいたら、クラウスがつた子から毎度毎度の罵声を受けていた模様。


つた子「くるな! はっ倒す!!」


いぢめられた~


またいぢめられましたか……。

いい加減つた子には、ものごっつ嫌われてるってこと、自覚しましょうよ……(-_-)

傷心


くすんくすん…と鼻をすすりながら、ゾンビハイツを後にするクラウス。
ここの創設者様なのに、まるで威厳ゼロですね。
おもっきし理不尽な扱いを受け、傷心のご様子で帰宅の途に。

まあ、仕方ないよね。

君が殺したんだからね? ここのゾンビ ヽ(´ー`)ノ



そんなとき。
ちょうど学校から帰ってきたタラコとすれ違うクラウス。

クラウスとタラコ


「どうせこのガキも、俺のこと嫌ってんだろ。ケッ」

いささか心が荒んじゃったクラウスさん、ついそんな自暴自棄なことを思いつつ歩いてます。

果たして、そうなのでしょうか?
スクールバスを降りたタラコは、去り行くクラウスをじっと目で見送っていますが……。

お?

タラコの望み


タラコの奴め……( ̄ー ̄)ニヤリッ


いつの間にか、クラウスにほのかな好意を抱いてやがる…。
今はまだ「お友達」願望ですが、この先どうなることやら。……恋心だけはやめてくださいね。

でもよかったね、クラウス。
これで少なくとも一人は、君に好意を持つ住人がいたってことだよ。
……。
…………。
………………。
タラコじゃ、あんまりうれしくはないかもしれませんが……( ´Д`)




さて、引越し第一日目が滞りなく終わろうとする、深夜のゾンビハイツ。
引越しの疲れからか、皆さんぐっすりお休みです。

そんな中。
住人たちが寝静まったハイツで、こっそり起き出してくる者の姿が。

秘密のおしゃべり


タラコちゃん、夜中におやつですか?

いやいや、タラコは置いといて、と。

何やら噂話に花を咲かせているらしい、きのことイガグリ。
こんな夜中に、わざわざ起きてきて秘密のおしゃべり?
そんなに旦那の悪口言いたかったんですか、アンタら…?


…と、思っていたら!!


あっ…!


イガグリ、いきなり寄り切ったぁ…!


モヒカンの不在に……、つた子の就寝中に……!!

しかも、タラコいるのに…( ゚д゚)

あふれ出る、きのこへの熱い思いを抑えきれなくなったとか?
キスを受けるきのこも、イガグリの情熱を拒みません。

モヒカンの帰宅ももう間もなくだっていうのに……君たち……orz


ゾンビハイツはまだまだ波乱の予感。


ま、きのことイガグリはせいぜい頑張ってください。 ←投げやり


Secret

TrackBackURL
→http://simsneko.blog17.fc2.com/tb.php/30-ec9b88c7