FC2ブログ
本題入る前に、ちょっと自分語りしていいですか?

あのね、実はゾンビ好きなんですよ。
自慢じゃないけど、ゾンビと恐竜は昔っから大好きなんです。
どのくらい好きかというと、ジョージ・A・ロメロのゾンビ三部作のDVDを有難く買わせて頂いて、さらにはロメロ監督は神なんじゃないだろうか? と思ってしまうくらい。
いや、ロメロ作品だけじゃなく、「バタリアン」とか「死霊のはらわた」とか、まあもろもろのゾンビ映画も大好きなんです。

だから、ゲームの「バイオハザード」とかもはまりましたねぇ。
バイオでゾンビを銃でバンバン撃ちながら、「ゾンビ可愛いっ」なんて心の中で叫んでいました。
まあ、こんな話を友達にしたら、ものすっごい引かれちゃいましたけど。

だからね、シムズでゾンビが作れると知ったときはうれしかったですね~。
実は、シムズ2以前はシムピもけっこうやってたんですが、そんなおいしいネタ知らなかったんです。
いやはや、シムズの世界は奥が深い。
今度出る新しい追加パックでは吸血鬼もアリらしくて、ますます楽しみです。
いや、ホントにあちらの人は発想が素晴らしい。



制作スタッフを持ち上げたところで、そろそろ本題です。

前回、ゾンビ花嫁ジャンと結婚した若きコンラッド。
さすがのゾンビ好きの自分も、ゾンビと結婚はどうかなぁと躊躇するとこですが、コンラッドは人間ができていた。
というか、やはり愛の力ですよね。
マッドサイエンティスト家に婿入りし、これで双子+ジャン夫婦の四人家族となりました。
急に賑やかになった家庭に、「やっぱり家族っていいものだなぁ」とクラウスが言ったとか言わなかったとか。

とにかく人手が増えたからか、クラウスはジャンやコンラッドにまで、研究材料の捕獲(通行人を家に招きいれる)や、食肉植物の餌やり(食われやすいように誘導)などをやらせようとこき使います。

クラウス、さすが鬼畜王!

餌待ちの順番


ケーキ欲しさで目が眩んだ人間たちの図↑
自分たちが餌になるとも知らないで……。

しかし、上の画像、牛そっくりな食肉植物の隣に、別の牛もいますね。
これ、大学街に現れる牛のきぐるみ着た学生なんですよね。
呼びもしないのに家にまで遊びにきて、びっくりしました。

ちなみに、今まで食われた犠牲者たちはみんなゾンビとして復活させてあります。
マッドサイエンティスト家に全員引きとるわけにもいかないので、余生(といっても寿命ないのに余生ってあるのか?)送らせるホームを別に作って、そこに転居させました。
そちらはそのうち、「ゾンビハイツ」としてまた日記に綴ってみたいと思ってます。


さて、クラウスの助手と化していたジャンとコンラッド。
殺伐とした毎日にも愛を育む二人ですが、悲しいかな、ゾンビな体では赤ちゃんも産めません。

いや、産めるとは今ではわかったけど、このときはできないと思ってたんですうぅぅぅヽ(`Д´)ノ

だって、ウフフのときのコマンドにも「赤ちゃんをつくる」は出なかったしね。

あれ?

もしかしたら、つい先日入れたTeen WooHooパッチのせいかしらん?
………
ま、いっか。

とにかく。

ジャンに子供ができないとなれば、あとは養子しかない…。
でもせっかく、自分の遺伝子受け継いだ子供が授かる美味しいシステムなんだし…と考えること10秒。

そうか、あれがあった!

さっそく望遠鏡をコンラッドに買い与え、暇があれば覗いているように指令。
昼間に近所覗いていて、メガネ女に怒鳴り込まれたりもありましたが、そんなこんなで苦節数日…。

やっと、UFOに拉致られてくれました。

拉致られ画像なくてすみません。
もともとSS撮るほうじゃなかったので、ホント画像残ってないです(´Д⊂
なので、皆さん脳内で補完してくださいね。

男の妊婦姿を。

拉致られ監禁され、そしてその事実に精神が混乱しながらも、つわりでゲロンパしているコンラッドが哀れです。
でもね、我慢するのだよ。
それもこれも、君の遺伝子を受け継いだ子供を作るためなのだよ。( ̄ー ̄)

やがて、月満ち満ちて、コンラッドは無事出産~~。
なんと、女の子でした。
宇宙からきた子には間違いないので、「スペ子」と命名。
脱力するくらいのセンスのなさを笑ってください。

ここでやっと五人目の家族紹介できますね。
今までの画像にもチラチラ登場してたので、お気づきの方もあるかと。
幼少時の画像がないので、いきなり大人ですが、スペ子さん、ご紹介~。

スペ子


緑の皮膚は、宇宙の父親譲りですね。
顔、全然コンラッドに似てません。
宇宙的な雰囲気はあるものの、けっこう美人です。
それもそのはず、スペ子は大学時代、秘密結社に入った折に、そこのアジトにあった整形マシーンでちゃっかり整形しちゃってたんです。
そうじゃなきゃ、こんな美人はありえません。

幼少時のスペ子は、はっきりいって不細工でした。

しかし、大学時代に得たこの美貌を武器に、今はショウビジネスの世界で活躍してます。

一応、女優です。

ま、女優には整形なんて、ごく当たり前のことですよね。
現実の世界だってそうです。
スペ子は女優なんですから!

このとき、チラリと脳裏を掠めたことが実はあったんです。
遺伝子……。
そう、コンラッドがこだわった遺伝子ですね。
その遺伝子が、整形した美しいスペ子の子孫にどんな影響を及ぼしてしまうのか…。
後日、その結果をはっきりと知ることになるのですが。


また長くなってしまいました。
次の家族の紹介は、また次回に(゚∀゚)

Secret

TrackBackURL
→http://simsneko.blog17.fc2.com/tb.php/3-27b17835