FC2ブログ

赤子の成長というものは早いものです。
ついこの前生まれたばかりと思っていたゾンビローがもう誕生日。
赤子から幼児へと成長のそのときがやって参りました。

お誕生日会


大家族ですから、賑やかな誕生パーティですね。

パーティよりもスペ子のお尻に目がいったアナタ!

なんでこんなセクスィ~な格好してるのか? などと深く考え込まないように!
大人には大人の事情ってものがあるのです。
特に女優のスペ子ですから、こういう格好も一種の営業活動ともいえるのです。←強引

モヒカンとスペ子


家の前を歩いていたモヒカンゾンビを、悩殺スタイルで誕生パーティに招待したのもスペ子でした。
「うち、来る? 今からパーティするんだけど」
「いっ、いいいいい行きますっ、もももももちろん行きますっっっ」
血迷うモヒカン。
さすが、女優スペ子。
男は逃しません。

このモヒカン、以前クラウスの実験材料だった奴ですね。
今は他のゾンビたちと一緒に、通称「ゾンビハイツ」で暮らしてます。
なのに、懲りずにまたマッド家の前を通るとは、ノーテンキというか、阿呆というか。
またとっ捕まって、実験の道具にされるとか考えなかったんでしょうか?

いや、でも、実際…。
彼はこのときマッド家に足を踏み入れたがために、とんでもないことになってしまうのですが、それはまた後日ということに。


話をパーティに戻しましょう。
ゾンビローがすくすく育って、母のジャンも笑顔がきらり☆
そうです。
今日はゾンビローの誕生パーティですもの。

笑顔満開


見たことないくらいの満面の笑みですね。

てか、その笑顔、はっきり言ってコワイです。

その笑顔に、目の下の濃いクマと青ざめた肌は激しくミスマッチ。
さらにその歯並びの良さは反則ものですよ。てか、ゾンビは「歯が命」ですか?

ゾンビの笑顔が、こんな破壊力を持つとは、思いもしませんでしたよ…( ´Д`)


気を取り直して、いよいよローソク吹き消しタ~イム。

ローソクふぅ~


「ふぅ~」とローソク吹き消すジャンと微笑むゾンビロー。
その後ろで、モヒカンゾンビとソラの友人である黒人少年が合体しちゃってますけど、見なかったことにしましょう。

花吹雪が舞って、くるっポン♪とゾンビローの成長です。

おっきくなりました♪


なんとも派手な囚人服を着て、ゾンビロー幼児化。
わーパチパチパチ♪
ここでも自分のことは棚に上げて、

「いきなりダサイ服でご登場かよ」

とでも言いたげなクラウス。

いや、まあ。
君のセンスには、みんな負けますって。( ̄ー ̄)ニヤリッ

コンラッドうりふたつ?


しかし、このゾンビローですが。
髪の色は、若かりし頃のコンラッドそのままですし、顔もよくよく見てみればコンラッドそっくりですね。
言い換えれば、おっさん臭いってことになりますが、しょせんコンラッドですし。

幼児でこれなら、成長に従ってさらにおっさん化していくんだろうな~。
もうすでに、どう転んでもいいようにパンチパーマですし( ´Д`)
とりあえず、はなむけの言葉。

イキロ。おわり。



てなわけで、いよいよ幼児となったゾンビローですが。
まあ、赤子より幼児のほうが世話は大変ですよねぇ。
歩き方教えたり、おまるを教えたり。泣いたりわめいたり、大暴れもするし。
リアルの世界でも、動き始めた幼児は何やらかすかわからん最終兵器みたいなものですよね。

叔父を抱く甥


そんな小さな叔父を抱っこするギンガも複雑な気分。
てか、君の顔も十分複雑怪奇よ。

なんたって、鼻から下はまさしく宇宙人遺伝子バリバリ。

これじゃあ、イケてないゾンビロー顔がいいのか、
地球外生命的ギンガ顔がいいのか、

さっぱり判断つきかねるところですな……。


そんなギンガにも、恋のうわさが……。

彼女とチッス♪


深煎り珈琲豆のような肌がステキな彼女ができていたり。

学校のお友達だっけかな?
よく学校帰りに連れてきてて、そんなきっかけで仲良くなったようです。

甘酸っぱい初恋のキッス…。

遅咲きのチェリーボーイにも、とうとう春がやってきたようです。
ギンガ、よかったね♪


Secret

TrackBackURL
→http://simsneko.blog17.fc2.com/tb.php/11-7258146e