FC2ブログ

デメント家です。

前回、フィオナとダニエラの美容サロンを新規開店させたところまでをご紹介しました。
その後、彼女らはどうしているのでしょうか?

今回は、彼女らの近況を交えながら、フィオナに訪れた新しい出会いのことでもお話しましょう。


ダニエラとベロニカ


ダニエラのお腹の子は順調に育っています。
お店はフィオナ一人が切り盛りし、ダニエラは自宅でゆっくり養生させてもらっているので、このままいけば予定日には赤ちゃんの産声も聞けそう。
今から育児書を読みふけって、愛しい赤ちゃんをこの手に抱きしめる日を待っています。

そして。
ママが仕事で不在がちのベロニカですが、ダニエラがいるから寂しくなんてありません。
それよりも、お腹の赤ちゃんが生まれてくるのが今からとっても楽しみ♪
血は繋がっていなくても。
ダニエラの赤ちゃんは自分の兄弟になるのだと、ベロニカは思っています。


仲良し

ベロニカ「赤ちゃん、早く出てきてね~♪」

予定日まではあと少し。
わくわくしますね~。
一家をあげて赤ちゃんの誕生を待ちわびるデメント家の面々です。




サロンのほうも、経営は順調です!
……といきたいところですが、お客さんが多くなってくるとさすがにフィオナ一人ではてんてこ舞い。
お客をさばくことばかりに必死で、どうしてもクォリティーに問題が出てきてしまいます。

メイクの失敗などもけっこう続いてしまい…。


やっちまった


はわわ……。
やっちまったのは女性のお客ばかりじゃありません。

男性にだって華麗にメイクアップを失敗しちゃっているフィオナ。
つーか、男性にはヘアカットだけにしときゃいいものを……。


ごしゅーしょーさま


何をどうやったら、そんな顔にメイクできんだっ!! って感じですよ、ほんとに。

そして。
とうとうこの人まで餌食になってしまいました……。


ソラまで


ソラ……。
遠征に出かけていたターさんが久しぶりに帰ってくるというので、せっかくおしゃれして迎えてあげようと思ったのにね。
その顔はターさんだけじゃなく、王子にだって見せられません。



とにかくもう、失敗連発。
落ち込むフィオナですが、こう失敗続きでも店は閉められません。
フィオナの肩には一家の生活がかかっているのだし、何よりベロニカのためにピアノを買ってあげたいと思う母フィオナ。
ピアノを買うまでは、歯を食いしばってでも働かねば。



そして、メイク失敗を見て尻込みしているお客に無理やりセールス。


スペ子来店


「お客様、メイクいかがですか?」
「いっ、いえ、今日はもう……」
「そう言わずに。今日はとっても調子がいいんです。今よりさらに美しくメイクして差し上げますわ」



今日の獲物はスペ子ですか?


せっかくの獲物を、フィオナが逃すはずはありません。
がっしと腕を掴んで、スペ子をブサイクノーモア変身ステーションに叩き込み座らせました。

はてさて、女優スペ子はどのように変身させてもらえるのか……。
失敗?
成功?


・・・スペ子の明日はどっちだ!!









スペ子、ショック!


あう。

失敗コースでした。

スペ子の背後の従者弟もすでにやられちゃっているようです。
ええもう、ご愁傷さまでございました。




そんなある日のことです。
一人の男性が店を訪れました。


はじめてのお客


初めて来店されたお客様です。
男性はヘアカットを注文し、フィオナもお客様のご要望にお応えすべく頑張ります。
最近は失敗ばかりが続き、さすがのフィオナも緊張しましたが、今日はなんとかミスなしでカットを終わらせることができました。

ほっとしたフィオナ。
鏡を差し出しながら、お客様にお尋ねします。

「お客様、こんな感じていかがでしょうか?」


カット成功


「わあ、素敵だ。とても気に入ったよ」
「よかったです。とってもお似合いですよ」


彼は、その制服姿から見て、警察官のようでした。
警察官、というその安心感からか。
はたまた、彼のその男らしく頼りがいのありそうな容姿からか?

ともかく、フィオナにはその男性に対してちょっとときめくものを感じました。
こんな気持ち、クラウスに初めて出会ったとき以来のことです。

そして、これがタイラーとの出会いでした。

彼との出会いによって、フィオナはもう一度女としての感情を意識することになります。
その感情とはいったい?!

この続きは、また次回にて。


Secret